ダメ計をひたすらし続けるだけ

サイクル構築を好んで使います

【S14使用構築】奇策妙計カバマンダ【最高2146&2rom2100】

 f:id:kazuo_pkpz:20190402142658p:image

お久しぶりです、そしてS14お疲れ様でした。今回はS14で使用した構築について書いていこうと思います。

 まず、結果ですが

 TN カズオ?       最高2146最終2071

 TN  Anonymous 最高最終2102

と自身の初21達成と共に最高レートを大きく伸ばすことができました。2150を目指した結果最終的にメインロムはとかしてしまいましたが個人的には満足行く結果でした。

いつも通りの駄文ですが読んでいただけると嬉しいです。

f:id:kazuo_pkpz:20190402141425j:image

最高レート更新時の画像

 

 

 

【構築概要】

f:id:kazuo_pkpz:20190402141358j:image

f:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plainカバルドン@フィラの実 腕白H228B140D140

地震/ステロ/欠伸/吹き飛ばし

f:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plainボーマンダ@メガ石 意地っ張りH212A36B4D148S108

恩返し/龍の舞/身代わり/羽休め

f:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plainギルガルド@ゴーストZ 冷静H236B4C244D12S12

シャドボ/聖なる剣/キングシールド/影うち

f:id:kazuo_pkpz:20180314141620g:plainカプ・コケコ@マゴの実 臆病H212B4C4D96S196

10万ボルト/リフレクター/毒毒/羽休め

f:id:kazuo_pkpz:20180226130044g:plainゲッコウガ@こだわりスカーフ せっかちAS252C4

冷凍ビーム/ダストシュート/岩雪崩/とんぼ返り

f:id:kazuo_pkpz:20180704214713g:plainカビゴン@バンジの実 意地っ張り H4A100B148D4S252

恩返し/炎のパンチ/腹太鼓/身代わり

 

【構築経緯】

 今期は3ヶ月のシーズンでありインフレが予想されたため、自分の得意分野である型の誤認によるイージーウィンを狙うことに重点を置いて構築を組んだ。

 まず、ゲッコウガの型が多様化しすぎたため、カビゴンで格闘Zや激流水Zなどの攻撃的なゲッコウガを初手に誘いそれをスカゲコで狩ることで安定して処理できると思いそこから構築を組み始めた。

 また、この際AS腹太鼓カビゴンの崩し性能の高さに注目し、このポケモンが最も活かせる並びがカバマンダガルドだと思ったので並びをカバマンダガルドコケコゲコカビゴンにすることにした。

 そこでカバマンダの記事を読み漁ったところ身代わりマンダとリフ毒羽コケコが含まれた記事を見つけ、これらの型が完全に忘れ去られてて警戒されないと思い採用。

最後に、マンダから地震を切ったことでメタグロス軸とバンギラス軸が重くなると思い、また霊技のみのガルドが身代わりポリZやホルードの起点にされやすいのが気になったのでそれを阻止するためにシャドボZ聖剣ギルガルドを採用し、構築が完成した。

 

【個別紹介】

カバルドン@フィラの実

f:id:kazuo_pkpz:20190402164009j:image

 調整意図:C179アーゴヨンの龍z確定耐えf:id:kazuo_pkpz:20180310180209p:plain

                C211リザyの晴れ大文字確定耐えf:id:kazuo_pkpz:20180627132842g:plain

                A143ミミッキュの+2ミミZ確定耐えf:id:kazuo_pkpz:20180226130129g:plain

 完成された調整の展開要員。不意のZでよく飛ばされてるイメージしかなかったのとレヒレゲコに見せる隙が大きすぎることから、信頼度がそこまで高くなかったので出した回数はそこまで多くなかったが、相手の積みに対する切り返しやステロによる確定数のずらしには大きく貢献してくれた。

 選出率6位 

 

ボーマンダ@メガ石

f:id:kazuo_pkpz:20190402164036j:image

 調整意図:C211メガリザードンyのニトチャ+めざ氷耐えf:id:kazuo_pkpz:20180627132842g:plain

                 アナライズポリ2の冷Bを87.5%耐えf:id:kazuo_pkpz:20180315165454g:plain

                 身代わりが陽気ランドロスの-1岩石確定耐えf:id:kazuo_pkpz:20180310180345g:plain

                 無振りミミッキュを恩返しで14/16f:id:kazuo_pkpz:20180226130129g:plain

 

 構築の軸。環境にASマンダしかいなかったため、それに合わせた火力ラインのポケモンやマンダの処理ルートがほとんどであったため、起点にできる範囲がめちゃくちゃ広かった。(無振りマンダの流星群などを耐えるようになるため威嚇込みで両刀マンダを起点にすることができるなど)

 初めは脳死地震を採用していたが、Battle Rebolutionオフの予選で落とした試合が身代わりだったら全部勝っていた試合だったため、試しに変えてみた所挑発のない混乱実ボルトロスや毒のない物理受けに対して対面から勝つことが出来たり、相手のZ技を透かす(特に皮の剥がれたミミッキュに対して身代わりでミミZを透かす→じゃれを耐えつつ舞う→全抜きのパターンが非常に多かった)、相手の羽休め読みの積み技に合わせて置くことで攻撃回数を増やせるなどと非常に活躍する場面は多かった。

選出率1位

 

ギルガルド@ゴーストZ

f:id:kazuo_pkpz:20190402164047j:image

 調整意図:同族意識でSに少し振り残りHCブッパ

  構築の最後に入ったきた枠。ptにZ枠が他にいなかったので対面性能が1番高いと思ったシャドボZ型にした。初めはシャドボキンシ影@1の枠がどくどくだったが、僕のptで重い相手の身代わり悪巧みポリZ、バンギラスミミロップホルードなどの安易な後出しを許すと試合展開が不利になりがちなのでそれを阻止するために聖剣を採用した。副産物としてアグロな構築ではギルガルドに対し激流水Zゲコを後出しして切り返して来ようとすることが多かったのでそこによく刺さった。

 この技構成だとシャドクロZの方がいいのではと言われるかもしれないが、相手のゴツメカバとHBランドロス、無振りマンダに対して無理やりぶっぱなす展開が多かったのでシャドボで良かったと思う。

 選出率3位

 

・カプ・コケコ@マゴの実

f:id:kazuo_pkpz:20190402163701j:image

↑C4振りを記入し忘れたので後で直します

 調整意図:DL調整

                 最速ゲッコウガ抜きf:id:kazuo_pkpz:20180226130044g:plain

       C172ポリ2のトライアタック2発連続最高乱数切耐えf:id:kazuo_pkpz:20180315165454g:plain

 軽めの地雷枠。誰も警戒しなかったのでカビゴンやポリ2に毒を良く刺せた。このポケモンがいることでリザグロスポリミミガッサジャラランガやリザランドカビゲコミミのような並びに対してかなり強く出ることが出来た。

 またこのポケモンボーマンダを組み合わせることで免疫呪いレンチ@残飯と腹太鼓イバン以外の大体のカビゴンに対して安定して処理することが出来た。

選出率4位

 

ゲッコウガ@こだわりスカーフ

f:id:kazuo_pkpz:20190402163711j:image

 一見普通のスカーフゲッコウガだが、カバマンダのゲッコウガでダストを採用しているケースが非常に少なかったので試験的に採用してみたところヒトムグロスヒレに対してゲコマンダガルド選出で比較的安定して勝てたり、ゲッコウガだけで3タテできる試合が量産出来たりとめちゃくちゃ刺さった。

 岩技が岩石ではなく雪崩なのは耐久に振った剣舞Xが増え、岩石だと中乱数で2耐えされてしまうから。

耐久がないように見えるがギルガルドとの相性補完がよくガルドがZ吐いた後起点にされる相手に対して安定して切り返すことが出来た。

選出率2位

 

カビゴン@バンジの実

f:id:kazuo_pkpz:20190402163807j:image

 調整意図:無振りテッカグヤ抜きf:id:kazuo_pkpz:20180628192713g:plain

                 身代わりが不一致イカサマを乱数50%で耐える

                A+6恩返しで212-171カバ最低乱数以外確定f:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plain

 今期の自慢の地雷枠。カバマンダは一般的にガチガチの受け構築とクチート軸が重いので、そこを奇襲で崩す手段として用意した。(メガとZを用いない崩し枠という名目で脳死オニゴーリ採用してる奴ら見てるか?見てないだろうな…)

 このポケモンの最大のポイントはそのSラインである。相手はカビゴンがここまで早いことを一切考慮してこないため、ボルトレヒレクチートに対してボルト対面腹太鼓押してそのまま出てきたクチートを上からほんちでしばいたり、遅い毒ガルドの上から身代わり貼って旧式のカバマンダに対してイージーウィンできる、呑気カグヤに対して上から身代わりして宿り木透かす→腹太鼓しながら身代わりがヘビボンを耐える→全抜きのような展開が多かった。

 さらに身代わりを持つことによって受け2+攻めみたいな受け攻め両立構築に対する択をだいぶ緩和することが出来た。

また、腹を叩かない場合でも有限カビゴンのように雑に恩返しを連打してるだけで強いためホルードやギャラ、マンムーがいる構築にはそこそこ出したりもした。

選出率5位

 

【選出】

・ゲコマンダガルドf:id:kazuo_pkpz:20180226130044g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plain

 基本選出。相手にカバランド以外の受け駒がいない構築には基本的にこれで投げてたため全試合の6割型はこの選出をしてた。

 初手のゲコでアドを取り、二匹目に対してガルドに引いて一発耐えながら無理やりZで持って行き、最後にマンダで詰めるみたいな対面的な動きと、三匹のタイプ相性保管の高さと蜻蛉と身が羽を絡めてサイクル色の強い動きのどちらもできるのが強かった。

 

・コケコマンダ@1f:id:kazuo_pkpz:20180314141620g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plain

基本的に物理受け駒に毒を刺せばマンダで舞って勝ちという展開が予想できる場合はこの選出をした。

 

・カビマンダ@1(ガルドorカバ)f:id:kazuo_pkpz:20180704214713g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plain

受け崩しの選出。カバマンダは受け構築視点では本来受け3選出でイージーできる構築であるため、カビゴンを動かしやすく物理受けをカビで破壊してマンダを通すのが強かった。特にムドーやポリ2を突破されたあとマンダ対面3割にかけて熱湯に魂を込めるドヒドイデを身代わりで絶望させるのが楽しかった。

 

【重いポケモン

 ・はたき地面Zマンムーf:id:kazuo_pkpz:20180310181521g:plain

 本当に無理。こいつがいるだけで一匹は確実に死ぬ。どのポケモンを犠牲にしてどれを残すかを考えながら選出をしていた。

・毒身代わりガルドf:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plain

環境から大きく数を減らしていたのが幸いだったが、当たった場合マンダで無限に択ゲーを仕掛けなければならないためきつかった。

・飛行zランド、龍舞リザXf:id:kazuo_pkpz:20180226131943g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628191740g:plain

これらとギルガルドが対面しないようにするのが理想だが、対面してしまった場合裏に安直に引くと3タテされかねないため、その疑いがある構築には無理やりゴZを吐いて突っ張っていた。なお大体相手が積んできてガルドが生存してた。

・顎ギャラf:id:kazuo_pkpz:20180310180209p:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315171249g:plain

 マンダの火力がないためギャラドスを+1恩で落とせなず、有利不利関係が逆転してしまうためきつかった。特にSuroさんの並び(顎ギャラカバカビミミガッサ)を使用してる人には5〜6人ほど当たったが全敗だった。

・バシャバトン→草結び樹木f:id:kazuo_pkpz:20180310180543g:plainf:id:kazuo_pkpz:20190402165741g:plain

こいつも無理。全員上取られてワンパンされるのでマッチングしたら降参。

 

【感想】

 S9に初21チャレを失敗してから自分はずっとあと一歩足りないところを彷徨っており、その間にどんどん身内に抜かれていき死ぬほど悔しかったので今回21乗れて本当に嬉しかったです。

 最高レートチャレの相手が2165で後一勝できてれば2ページ目だったということだけが心残りなので次からはボスラ圏内めざしてまた面白い構築を組んでいきたいと思いました。

 一緒に頑張ってきた通話窓の人達と対戦してくださった皆様本当にありがとうございました!

 

質問等ございましたら@kazuo_pkpzまで

【S12最高2070】柔軟対応リザヤドナット

f:id:kazuo_pkpz:20181112192706p:plain

 お久しぶりです、カズオ?です。S12お疲れ様でした。今回はS12で使用した構築について書いていこうと思います。

 

 

 

【構築概要】

f:id:kazuo_pkpz:20181109083316j:image

リザードンX@メガ石

陽気H236A68B4D76s132

フレドラ/地震/鬼火/羽休め

ランドロス霊@こだわりスカーフ

意地AS252H4

地震/馬鹿力/大爆発/とんぼがえり

バンギラス@悪Z

意地AS252D4

エッジ/噛み砕く/龍舞/挑発

ミミッキュ@ミミZ

意地H196A156B148D4S4

じゃれつく/トリル/呪い/影うち

ナットレイ@フィラの実

呑気H252A28B132D100

ジャイロ/種ガン/鈍い/宿り木

・ヤドラン@こだわり眼鏡

図太いH244B252D12

熱湯/冷ビ/放射/サイキネ

 

【構築経緯】

 前期受け回しが結果を残したので受けを崩せるポケモンが欲しいと思い、挑発メガバンギから構築をスタートした。

 また、カバリザに手を出してみたかったが普通にやっても勝てる気がしなかったため、鬼羽X+ゴツメカバを中心とした受け回しにすることに。

そこで、相性補完がよく、前から使ってみたかった鈍いナットを入れ、 また、カバリザYテテフ偽装に貢献出来、重い顎とかを上から叩くスカテテフと、yじゃないことで相手のカバとガルドが重いからグライオンを投入し、BFにこの6匹で挑んだものの5-3と微妙な結果で終わった。

この理由を自分なりに分析したところ、水が一貫しすぎなことと、採用理由が曖昧だったカバグライテテフがイマイチ使いこなせなかった(特にカバの使い方が下手で裏に負荷かけれないのが気になってた)と気づいた。

 そこで、この3匹を解雇し色々迷走していた所、えびかんさんの記事を読みHB眼鏡ヤドランが面白いと思い、またカバと役割範囲が似てて裏に負荷をかけられ、更に水の一貫を一応切れるとマジでピッタリだったので投入することに。

また、挑発メガバンギだとゴツメカバやヌオー入などへの受け回しに勝てるかかなり怪しく、またガルドに対してより強くしたかったこと、そしてリザと両選出したい場面が多いと感じたので挑発龍舞悪zに変更した。

 最後に、トリル下で下から詰めてく詰め筋を作れることや、呪いでのオニゴーリへの些細な抵抗、皮+Zでストッパーとなれる点を評価しミミッキュと、同じくストッパー性能が高くカバグライが抜けた代わりに電気地面の一貫を切れるスカーフ爆発ランドロスを採用し、構築が完成した。

 

【構築コンセプト】

①鬼火で相手の物理の崩しの駒を機能停止させることによるリザヤドナットサイクルでの詰ませ

ミミッキュとスカーフ爆発ランドをストッパーとすることによる相手の全抜き阻止兼誤魔化し

③サイクルを回して相手を疲弊させた後、ミミッキュのトリル呪いからエースを降臨させることや、相手の予想しない技により役割破壊を行うことで無理やり1匹の一貫を作る

 

【個別解説】

リザードンX@メガ石

f:id:kazuo_pkpz:20181109141806j:image

  調整はこちらから頂きました

almond-beginer-1500-ibaru.hatenablog.com

 構築の軸。環境にいるリザXが剣舞ばかりだったので全然警戒されずよく刺さった。

 ステロが痛いのと早くメガして電気耐性が欲しいこと、そして出し負けることが少ないことから出した試合はほぼ全試合先発に出してた。また有利対面鬼火の法則を徹底することで鬼火外しの可能性もある程度ケアできてた。

 技についてだが、コンセプトの鬼羽は確定とし、残り2枠はニトチャ、ドラクロ、龍舞なども悩んだが、火力にあまり振ってないため威力の高いフレドラとドランがpt単位で重いため地震が外せず最後までこの構成で使い続けた。

 ドラン入りに対しては結構リザあと投げしてフレドラして、次のサイクルでドランに地震打つと面白いように半壊していった。

 途中までは自己産の通常色個体を使用してたが、飲みのノリでくぅりさんが色個体を貸してくれたのでそっちに変えたところ鬼火をほぼ外さない脅威の自覚を見せてくれた。圧倒的感謝。

 

 

・ヤドラン@こだわりメガネ

f:id:kazuo_pkpz:20181111175151j:image 

調整はこちらから頂きました

ebikann.hatenablog.com

 構築の軸②。役割対象をしっかり受けれる耐久振りと足りない火力を底上げする眼鏡、特性の再生力が組み合わせとして最強だった。これにより、受けの駒としての役割と、後続のミミッキュのトリルからのエースとしての役割の両方として運用でき、柔軟に試合展開に応じて動かすことが出来た。

 受けの駒なのに再生技がないが、そこはリザの鬼火や再生力のお陰でほとんど気にならなかった。

 また、ヤドランの放射とサイキネは警戒されることが少なく、積極的に交代読みで撃つことでよくあと投げされるナットレイ、ゲンガー、アーゴヨンを殺したり、テッカグヤ、レヒレマリルリ、ドヒドなどに大きなダメージを入れたりすることが出来た。

 

 

ナットレイ@フィラの実

f:id:kazuo_pkpz:20181111175121j:image

 構築の軸③。もう完全に周知されている型である鈍いナットだが、それでもめちゃくちゃ強かった。特に剣舞型、呪い痛み型問わず全てのミミッキュに対して後出しから勝てるのが偉すぎた。

 また、リザの鬼火と組み合わせる事であらゆるポケモンを起点にし、相手を1匹で詰ませることも多々あった。

 

 

バンギラス@悪Z

f:id:kazuo_pkpz:20181109141612j:image

火力の目安:

167-218(補正ありH252-B228振り)ギルガルドに悪Zが168〜ダメ(確定一発)

212-171(補正ありH228-B140振り)カバルドンにA2↑悪Zが214〜ダメ(確定一発)

254-117カビゴン(無補正H148B252振り)カビゴンに+1悪Zが237〜279ダメ(砂一回込みで乱数下2つ切って一発)

 最強の崩し枠。カビムドーや受けループ、グライポリドヒドを初めとする受け構築はもちろん、カバマンダガルドの残飯ガルドを起点にして全員破壊することも何回もあった。

 一般的な龍舞Zバンギはより瞬間火力の出る岩Zが採用されることが多いが、今回は前述のヤドランとナットレイが猛烈に誘うギルガルドに対する性能の高さ、そしてバンギラスを止める駒として出てきやすいカバルドンとヌオーを強引に破壊できることに注目し悪Zで採用した。

 実際思惑通りドヤ顔しようと突っ張ってきた呑気ガルドを返り討ちにしたり、舞うターンにカバ後出しされる→欠伸を挑発で阻止→地震耐えつつもう1舞→Zでカバ突破して止まらなくなる、舞うターンにグライなどで削りを入れた後、グロスに引いて無理やり岩Zを透かしてバレットで処理しようとする人に交代読みで打ちタイプ相性を分からせる、など想定以上に活躍してくれた。

 

 

ランドロス@こだわりスカーフ

f:id:kazuo_pkpz:20181109141615j:image

 スカーフ枠兼誤魔化し枠①。読まれやすいスカーフ枠を使うのは初めてだったがそのデメリット以上に使いやすかった。

 技構成に関してだが、メインの地震、対面操作を行える蜻蛉、ツルギに撃つ馬鹿力の他に、岩雪崩を撃つ必要性のある場面が少ないと感じたため、11交換性能の高い大爆発を採用した。

 スカーフ爆発ランドは以前むくれねこさんが使用していた陽気個体が主流だと思われるが、後述のダメージ計算の通り、HDサンダー、H振りFCロトム、H振りジャローダ、耐久振りテテフなどへの乱数が大きく変わること、そして陽気爆発の主な仮想的である飛行Zギャラが裏的に重くないので意地での採用となった。

 爆発の最も偉いところは、目の前の敵をしっかり倒しつつ後続の起点にならないことである。例えばこちらがスカーフがバレてるランド+裏に体力半分のヤドラン、相手がコケコ+裏にメガしたマンダだったとする。地震でコケコを倒してしまった場合、ランドが裏のマンダの起点になってしまい裏のヤドランもろとも1舞恩返しで縛られてしまい負け、雪崩を撃った場合は無限に怯まない限りコケコがランドを返しのメザ氷で突破して負け、とどちらの場合でもコケコ居座りで相手視点勝ち濃厚である。しかし、爆発でコケコとランドを11交換する事で、舞ってないマンダとヤドランの対面を作ることができるので逆にこちらの勝ち濃厚にすることができるのだ。

[陽気と意地の乱数の差が顕著に出る相手]

                                          陽気      意地

158-128FCロトム  145~171(56.2%)  158~187(確定)

197-105サンダー   176~208(37.5%)  193~228(87.5%)

182-115ジャローダ  161~190(31.2%)  176~208(81.2%)

 

ミミッキュ@ミミッキュZ

f:id:kazuo_pkpz:20181109141622j:image

 誤魔化し枠②。一般的なトリル呪いABミミッキュなので語ることはあまりないが、流石環境トップだけあって使いこなせれば最強のポケモンだった。こいつをどのタイミングで場に出すかで試合が決まることが多かった。

 

【選出・立ち回り】

 今回の構築は、ミミッキュランドロスの誤魔化し性能の高さを生かし、極力絶対選出を要求されるポケモンを減らすよう努めた所、グロスマンダ入りに対しヤドランが絶対選出の点を除いて強制的に選出させられるポケモンを無くすことに成功した。

 

①サイクル

リザナットヤド

 基本選出。この選出は適当にサイクル回してるだけで勝てそうな相手にすることが多かった。

 

②サイクル+切り返し

リザヤドナットから2匹+ミミッキュまたはランド

 アーゴヨンカミツルギウルガモスをはじめとする相手の積みや展開に切り返せるようにする選出。基本的に2体でサイクルを回し、相手がそれを破壊しようと積んできたタイミングでミミッキュあと投げ→トリルや、ランド後投げ→上からしばくことで切り返していく。

 

③対面的選出

ランド+ミミ+ヤドバンギリザから1匹

 ヤドナットの選出誘導により相手の選出を前のめりなものに出来そうな時に、それを叩き潰すための選出。この選出をするような相手には爆発ランドとZミミッキュにより1匹ずつは確実に持っていけるため、2匹処理後に呪い(+場合によってはトリル)してラス1で詰めていく。

 

④崩しの選出

バンギ+ヤドラン+ランドナットリザから1匹

 受け構築以外にもバンギが通せそうな構築にはこの選出をすることが多かった。

 特にこの構築のバンギが結構メガに見えるらしく、リザを見せた時点でバンギを切られることが多かったので、障害となるポケモンに鬼火を入れたり適当に削ったりした後バンギ出して舞って試合終了する展開が多かった。

 また、ドヒドイデ入りに対してはバンギで対面から舞うと熱湯やけどで3割で負けるので、ヤドランのサイキネで不意打ちして削ったり引かせてからバンギを降臨させてた。

 

【キツイポケモン

カミツルギ、虫Zウルガモス

 この2匹は切り返す手段がミミッキュのトリルからツルギはリザやヤドラン、ガモスはリザバンギを通す以外対処法がないため、トリルターンがかなりカツカツできつかった。特に裏に高耐久のポケモンを添えられるとトリルターンを枯らされてそのまま負けることも少なくなかった。

 ツルギに関しては一応ランドの馬鹿力で見る選択肢もあるが、引きを読まれて叩き撃たれたら試合終了するため毎回択になるのがしんどかった。

 

ゲッコウガ

 型当て選手権がハマるかどうか。前期のように1匹でほぼ全てのゲッコウガに対応できるポケモンが居ないので、選出画面で型読みしてそれが当たれば大した被害なしで突破、失敗したら全壊と不安定だった。

 水Zがかなり減ったと感じたので初手リザ対面は珠っぽかったらフレドラ、それ以外ぽさそうだったら地震で突っ張ってた。

 

・拘ってないめざ炎レヒレアシレーヌ

  死ぬほどきつい。ヤドランのサイキネ+瞑想またはムンフォに合わせてミミッキュ引き→Z、気合いで3割削ってから無理やりランドにひいて爆発などで強引に処理してた。

 

・そこそこ高耐久なptにピンで入ってる格闘Zボルト、Z樹木、巧みポリZ、Zガオガエン

 先にバンギを強引に展開するか相手が@2も前のめりな選出をしてくれた場合じゃないと勝てないため再戦の勝率がかなり悪かった。

 

【結果・感想】

 最高2070、最終195xとまたも21に届かずに終わってしまった。

 原因としては複数のことが考えられる。

 

 ①処理ルートを明白に用意してなかった構築の存在

 増えてると全人類が言っていたヒトムグロス、ポリグライドヒド、カバリザX、ナットドランマンダに対してはあらかじめ明確な正解の選出を見つけられていたが、微増したランドまたはムドー+カビ+ゲンガーやツルギ等の高速エースの構築と、あんま増えてるとは言われてなかったが最終日とその前日やたら当たったガルーラ軸に対する明白な正解選出を最後まで見いだすことが出来ず、勝率を下げる原因となっていた。

 特に、ガルーラリザXが同居している構築に対しては1匹でも相手の選出を外すと崩壊するためかなりキツかった。

 

 ②慣れない要素への対応しきれなさ

 今回はトリル呪いZミミッキュによる切り返しと、ミミッキュとランドによる誤魔化しを活かそうとした結果個々の役割対象が今までの構築に比べてかなり曖昧な構築となっていた。また、今期はあまり時間が取れず対戦回数が少なかったため最後まで構築を上手く使いこなせてるか微妙だった。

 

③体調・メンタル管理

 最終日前日はしっかり寝ましょう。あと最後凄い勢いで連敗して立ち直れなくなって撤退したが切り替えることが出来たらまだ粘れたのかなとは思った。

 

 目標を達成できなかったのは悔しいですが、学べたことはめちゃくちゃ多かったシーズンだったので来期は楽しみにしててください。

f:id:kazuo_pkpz:20181112162216j:image

(証拠のある最高レート。21乗るか爆死するまで続けるつもりだったから写真撮ってませんでした)

 

質問等ございましたら@kazuo_pkpzまで

第一回Generation Cup 参加者一覧

 以下

ハンドルネーム Twitter ID

TN@フレンドコード

の順で記載されています、参加者各位は間違いがないか確認お願いします。

また、TNなどの変更希望がございましたら点呼の19時までに主催@kazuo_pkpzにDMで連絡お願いします。

 

95年以上 14人

・ヒマラヤ @himaraya_poke

  ヒマラヤ@4699-5602-2641

・あさぎ  @asagi_PT

 あさぎ@2895-6312-6363

・River  @River_poke

    River@5430-1764-0357

・とぱぞす!  @topazos_pokemon

 Topazos@4785-6725-5619

・♡やまぐち♡  @sandrock_poke

 ♡やまぐち♡@2294-6726-8243

・シーベル  @Sea_Bell_No6

 シーベル@4914-8803-4079

・はるかわ  @kihonhabuppa

 はるかわ@2964-8924-9447

ましろ  @whity_blow

 あくあ@3926-6980-0112

・ちゃっく @xoxo_humphery

 ちゃっく@0018-2710-0485

・ちんこぶらぶらブラジリアン  @dep_pokemon

 でっぱ@0576-9438-1952

・ごぶりん  @gobgobrinrin

 Lily@0559-7883-4572

・しのぶ  @t_pokeeee

 Acerola@1178-1181-0407

・そら  @sora_poke12

 そら@1650-3808-3478

・あおにし @blue_west24

 あおにしZ@332521262821

 

96年 5人

・カプ・ふじこ  @kapu_fujiko

 カプ・ふじこ@3883-8880-3834

・ねこねこ 96世代(96年4月〜97年3月) @nn____l

 ねこねこっ♪@0232-8713-8934

・Uru 96世代(96年4月〜97年3月) @uru_men

 Uru@1950-7484-4482

・らりる 96世代(96年4月〜97年3月) @rari0304

 Absolute 5@5370-1225-4888

・がとりん 96世代(96年4月〜97年3月) @gatorin_poke

 ルシエラ @4270-2554-6915

・ヒーロ 96世代(96年4月〜97年3月) @matuHIRO0606

 1134-8876-4890 

・はげぽよ @hagepoyo_2000

 はげぽよ☀︎U@4743-1193-7153

 

97年 16人

・ヤブ  @pokemon_yabu

 ヤブ@5473-0660-9244
・ゆっち  @yutchi_pokemon

 ゆっち@4528-0022-4851

・はるひら  @Flunkifer_poke

 はるひら@3282-3693-1602

・リム  @Lim_Clover394

 Imai☆Lisa@3969-7322-0426
・タカ  @taka_t0m0

 タカトモ@3540-3334-5696

ウンパルンパ  @pokemonJHK

 ようこちゃん@3282-7908-9146

・ FeO @ FeO_tapioca

 たぴおか@0963-1396-2088

・radian  @radian0202

 radian@1590-4635-0533

・さふぁいあ  @safaia_poke

 さふぁいあ@3179-6208-9481

・スズ  @winday77

 デスパイネ@0662-7438-5462

・ゆかた  @yukata916

 つかさ@0533-8543-7586

・こよみんぽけ  @koyominpoke

 なつめこよみ@2767-4281-1204

・モブキャラ  @mobcharabuizu

 モブキャラ@0962-9924-5846

・やんこぽけ  @yanko_poke

 LoveWingBell@0087-2946-6293

・彦猫(ハーバル)PCL  @PCL57651523

 ハーバル@5258-0037-9914

・わたりー @watari_poke

 わたりー@0232-7816-7783

 

98年 13人

・えふ  @f_pokerate

 Ayase♡Eli@1676-4025-7957

・りゅういち  @bibikasusaikyo

 りゅういち@343734412162

・ルーネス  @lunes19poke

 ルーネス@1221-1656-5271

・うっすう  @usu_poke1

 ☀うっさん☀@5301-2641-1882
・柏木やざわ  @chilno0329

 まりかぽけ♪@2509-6452-8640

・レグ  Atzonemk

 レグ@4141-6854-5274

・エテレーヌ  @Primarina_wspk

 Kaho Hinata@1264-0913-5112

・スポンジ  @spokemon929

 スポンジ@0705-2568-0140

・ヴィーノ  @gambling_777

 ヴィーノ@3067-6446-0459

・ BB  @ BBpoke750

 BB@1289-8855-3896

・むしゅう  @musyu_poke

 アネラ@1779-4102-3087

 ・けいとだま  @DenpaMaster2828

 けいとだま@4012-3676-9586

・vér @vernyi_white

 vér@1006-1257-3418 

 

99年 15人

・ハイロ  @hilotic_poke

 ハイロ@1951-0875-0878

・タクト  @tact_marize

 マリー@0645-6152-8113
・965 @shar_poke

 くろこ@3626-4292-0762

・トラオ  @29h7n1

 みなせいのり@4442-4640-9248

・チハヤ  @sorariku524

 チハヤ@0533-6689-5248

・KURU  @kuru_et

 Maruyama*Aya@275020455055

ジャラコムラ  @kuchiiiiito

 おめが@173664857609

SBM  @sbm_poke

 

 ツクヨミ@1779-2253-5677

・アマリ  @amari13894

 あーきたいぷ@1779-4647-2160

・ほろう  @clam_poke

 nefuren*poke@4141-7349-0335

・あいまる  @Aimaru4218

 てんちょう@5215-5592-3977
・しれん @sh1ren_

 しれん@5086-2532-7306

・たぴおか  @tapioka_poke1

 たぴおか@2723-8656-9921

・あき  @1030_akkun

 ☀︎あき☀︎ @0302-1187-2648

 

00年 11人

・あるふそーる  @alphsoru635

 アルフ@1375-7606-6879

・しおり  @shioridayo25

 ☁︎NICO☁︎︎@4571-3329-4895

・ある  @Alchem_poke

 lilywhite@3050-7780-7479

・むゆ  @Zd68713811

 むゆ@287900203326

・そうそう  @sousou_rdxvh

 そうそう@1006-4770-7429

・ゆーとぴあ  @koharubi_poke

 ゆーとぴあ@0447-5409-1970

・KAL @ kalpoke12

 KAL@3368-3638-9424

・むろい  @onenne661

 661@0877-1719-4093
・せんや  @senya_919

 Armal@1994-2084-1275

・平凡ノ助 @daminmusaboro

 ちくわオルタ@3497-2940-0373

・タニシ @tanishi_ytpoke

 ★タニシ★@3153-9985-2942

 

01年 18人

・マスター @wSw74NRM2o2Umve

 ALLFICTION@010394450913

・ナルカミ @Narukami_poke12

 ナルカミ@1049-4154-1417

・けしごむ @urofine

 TENGA♣︎EGG@0576-5786-3312

・サックー  @Sakku_poke

 サックー@2595-2452-9601

・KAME@ガキラー  @KAME_pokomon

 KAME@2767-4394-5938

・さく  @aynr_poke

 ポケット@1263-8542-1969

・ヲゼ  @woze_poke

 ヲゼ@0190-3030-0081

・えーす  @bullet_punch_

 えーす@5301-2479-0846

・まぐろっと  @magurotto_poke

 まぐろっと@5343-8455-5558

・しぶやまぁ  @Shibuyamaa

 しぶやまぁ@1478-8523-3211

・れすてぃん  @lestin_poke_ani

 なつミカン@4614-0585-9214

・PAPICO  @PAPICO_Pokemon

 ヒナタ@2208-7721-1203

・ねこわらび  @NeKo_poke_W

 ねこわらび@1865-4700-6297
・餓死男  @gashio5563

 がしお@1951-4064-9113

・しろな  @shinou_chanpion

 シロナ@452814790930

・城之内 @sonya_poke

 U☀️Marshtomp@‪2165-7099-7763‬ 

・ドッペル @doppel_pokemon

ドッペル@1564-6465-1173

スターリン @New_bangi2525

  Yスターリン@3411-6210-6516

 

02年以降 20人

・すさ。 @Susa_poke

 Blue Apple@0361-6719-4221

・ユウキ  ‪@Guilty_ibis ‬

 うちだまあや@0963-2080-5786

・はとむぎ  @pigeon_mugi

 むぎ@4527-8179-1877

・きちたぬ  @tanu_poke16

 きちたぬ@3325-7457-0026

・くりーむぱい  @poke_0201

 あおい@1607-6889-9360

・みや @Snorlax_poke38

 luneXsoleil@0190-2836-2629

・たろう 14  @6SkamU3BKsVpeBS

 002@4811ー7928ー0390

・ふどみょん  @Hudomyonpoke

 みょん@1332-8161-4897

・はーくんポヨ  @_Leafret

 Plaquettes_4700-1577-5735
・よっしぃ  @y___p___v

 よっし〜〜〜@2466-7818-2310

・wave @wave_448

 WAVE@4914-4173-1701

・くうはくぽけ  @kuhaku_poke14

 くうはくぽけ@4000-4214-4200

・ゆっけ  @yukkepokemon

 ゆっけUSM@4356-4023-9679

ゆきぽけ  @yupk__

 Artoria@2681-5348-3795

・メタリス  @3qluXNGLNXAYrYe

 ryo@349721733179

・にんぜん  @ninzen_daisuko

 もっちーだ@2767-2576-2783

・かける @kakerupoke_ssb4

 かける@3626-4341-4115

・たか @taka025_poke 

 ハンター@104961353240

デデンネ @piroyukkie 

 ぴろ@1350-0751-0009

・プレア @purea_0417

 しゅか@3411-1633-3897

【S11使用構築】環境適応バナカグヤ【最高/最終2096】

f:id:kazuo_pkpz:20180904195042j:image

 

【はじめに】

 S11お疲れ様でした。

 まず今期の結果は最高最終2096とまたも21まであと1歩のところまで行くことができました。また、この構築を使用した大会では、

・第1回RFB(あみゅオフ)優勝

・第4回からきおす杯優勝

・第4回サブローカップ3位

などと個人的にかなり満足のいく結果となりました。

サイクルパに宇宙をぶち込んだいつも通りの構築ですが読んでいただけると嬉しいです。

 

f:id:kazuo_pkpz:20180905132052p:plain

【構築概要】

並びだけ知りたい人用 

f:id:kazuo_pkpz:20180904230635p:plain

メガフシギバナ@メガストーン:穏やかH252B4C116D132S4

 ヘドロ爆弾/めざ炎/宿り木/光合成

テッカグヤゴツゴツメット:呑気H244B252C12 

ヘビーボンバー/めざ氷/宿り木/毒

カプ・レヒレ@氷Z:図太いH236B220C44D4S4

波乗り/ムーンフォース/リフレク/黒い霧

ランドロス@飛行Z:意地っ張りH132A252S124

地震/空を飛ぶ/剣の舞/岩石封じ

ヒードランこだわりスカーフ:臆病H4C252S252

オーバーヒート/ラスターカノン/大地の力/ストーンエッジ

ギルガルドこだわり鉢巻:意地っ張りH252A252D4

シャドークロー/聖なる剣/追い討ち/影うち

 

【構築コンセプト】

 受けきれそうな相手にはタイプ相性と圧倒的数値で受けきりながら削り切る。

 後手に回り続けるだけでは不利になりそうな相手にはスカーフドランと鉢巻ガルドで奇襲を仕掛けて数的有利を取ったり、他のポケモンをクッションとして使いながらドランの技や影うちの一貫を作る。

【構築経緯】

 まず間違いなく現環境最強であるゲッコウガのほぼすべての型に勝てるメガフシギバナと、バナと相性保管に優れるテッカグヤから構築を組み始めた。

 ここで、既存のバナカグヤバンギは崩し枠のいない構築には安定行動だけで勝てる反面、剣舞リザXやZランド、グロパンガルーラなどの崩し枠、そしてメガメタグロスと眼鏡テテフ、気合玉メガゲンガーに極めて弱いと思ったが、ある程度以上のレートの人でそれらを採用していない人などいないと思ったため、崩し枠への全対応を目指して残りを決めることにした。

 そこで、グロスとテテフ、ゲンガーに弱い原因であり、また砂がバナとアンチシナジーに感じたバンギを解雇し、その役割をヒードランギルガルドに分散して変更した。またドランが無振りでも特化リザXの+2逆鱗と下降補正リザYの地震を耐えることに気づいたので、そいつらに後出しから勝てるようにスカーフエッジ型で採用した。そして、バンギが消えたことで相手の超枠を猛烈に呼ぶことと、ガルドは有利不利対面が非常にはっきりしていることに注目し、誘い殺せるのではと思い鉢巻追い討ち型で採用した。

  最後にここまでバシャギャラが重いのでそれれらに対し最も安定し、かつリフレクでPT全体の物理耐久を底上げできるリフレク氷Zレヒレと、ここまでHDグライオンに5億タテされる構築であるのでその対策として、また受けミラーがだるかったので剣舞飛行Zランドを入れ、構築が完成した。

 

【個別解説】

フシギバナ@メガストーン

f:id:kazuo_pkpz:20180904201751p:plain

調整意図:C→無振りミミッキュをへど爆で確2

      191-120ポリ2(ゲッコウガの熱湯を身代わりが確定耐えするやつ)の身代わりが75%で壊れる

      無振りランドの身代わり最低乱数以外破壊

   H-D→大体のデンジュモクのC3↑電気Z確定耐え

    BS→余り

 構築の軸。後述の選出のところでも書いたが、絶対選出しなければならない相手に特殊ATが圧倒的に多かったのでHDベースの配分にした。

 これによりドランやヒトムなどを無理やり受けに行ったり、エアスラカグヤをランドで岩封入れた後宿り木込みで見れるようになったりとかなり対応範囲が広がった。

 後述のレヒレのリフレクと組み合わせた際のこいつの耐久は化け物そのもので一匹で相手を詰ませることもしばしばだった。

 基本的には残りの5匹でバナを通すうえで障害となるポケモンを取り除き、こいつを通すことを意識して立ち回ることが多かった。

 

テッカグヤゴツゴツメット

f:id:kazuo_pkpz:20180904204703p:plain

調整意図:C→身代わり一回張った後の無振りランドをめざ氷で最低乱数以外1発

    H-B→A181ガブリアスのA4↑龍Z確定耐え

 舞うマンダに複数回後出しできるポケモンがこいつしかいなかったので、マンダに対して殺意を抱いたこの技構成にした。おかげでマンダ軸に対する勝率はなかなか良かった。

 構築単位で霊Zミミッキュが少し重かったので混乱実にすることも考えたが、ロップやガルーラにスリップを入れて上からドランで縛ったり、剣舞炎牙ガブに対し後出しから相打ちにできたりとゴツメのほうが使用感がよかったため、最後までゴツメで使用し、マンダがいない相手にはどちらかというとクッション的な使い方をすることが多かった。

 今のカグヤはめざ氷がないと本来の役割対象にすら起点にされかねないため、めざ氷持ちか身代わりエアスラ以外は正直弱いと思う。

 

ヒードランこだわりスカーフ

f:id:kazuo_pkpz:20180904214306p:plain

調整意図:CSぶっぱ

 軽めの地雷枠。構築経緯でも述べた通り剣舞リザXや地震リザyに後出しから対応できるようこの技構成にした。(無振りリザyが下降補正エッジで確1)。

 またこの構築のドランがスカーフに見えないであろうことを利用して、相手をサイクル回しながらまんべんなく削りドランの一貫を作って通したり、初手に来たグロスや崩し枠をオバヒで飛ばしたり大きく削って出落ちさせたりなどかなりの活躍を見せてくれた。

(追記:リザYにエッジを打つ場面について

 基本的にリザyにドランを後出しするとき、炎技やソラビを打たれた場合はほぼ100%裏に引かれる。これはたとえ地震や気合玉等の打点を持っていたとしても、ドランがチョッキや混乱実の岩石封じを採用している型だとドランが対面有利なので、いったん引いて再度リザYを出した際に交代読みで打っていったほうが安全にドランを処理できるためである。よって炎技草技が飛んできた場合はエッジではなく裏に負荷をかけるためにオバヒぶっぱでよい。

  しかし問題は上で述べた通り交代読みの地震や気合玉が来た場合と、エアスラを打ってきた場合で、前者の場合はドランの体力がミリなのでリザ側は落としにきてほぼ居座ってくる、後者の場合はエアスラのダメージで耐久無振りなのがばれ、なおかつエアスラ持ちに気合玉持ちが一定数いるため持ってた場合はほぼ打ってくる。これらの場合は次のターンにドランが落とされてしまい、なおかつ裏にリザYが止められる駒がいないため、通常の技構成のドランだと負け確になるが、ここでスカーフエッジを打って一撃でリザを処理することで負け確のはずの盤面をひっくり返すことができる。)

 

ギルガルド@こだわり鉢巻

f:id:kazuo_pkpz:20180907172626p:plain

火力目安:宿り木2回+成功追い討ちで無振りメガメタグロス、テテフ確1

     影うちでCSメガゲンガーミミッキュ確1、HSは中乱数だが宿り木圏内

     聖剣で無振りメガガルーラ確1

 この構築最大の地雷枠兼MVP。バンギが構築から消えたことで呼ぶゲンガー、ラティ兄弟、ランクルスなどを追い討ちで誘い殺していた。もし交代読みシャドボが飛んできても今度は相手が居座ってくるため影うちで狩ることができる。

 ほかにも重いメガガルーラを聖剣でゴツメ圏内に入れたり、耐えると踏んで2回零度の試行回数を稼ごうとするゴーリを分からせる、受けに来たドランを交代読み聖剣で飛ばす、ドランと同様相手をまんべんなく削った後鉢巻影うちの見えない一貫を作る(無振りボルトに半分入るくらいの火力が出る)、など本当に何回も助けられた。

 

カプ・レヒレ@氷Z

f:id:kazuo_pkpz:20180905134512p:plain

調整意図:H→16n-1

     B→特化メガバシャの+2雷パンチ確定耐え

     C→ムンフォで無振りギャラを98%で3発

     DS→余り

 前期の流用個体。草Z以外のすべての型のバシャギャラに安定し、(草Zは簡単に透かせるうえバナで安定する)またリフレクでpt全体の不足する物理耐久を底上げしてくれた。

 前期は剣舞ガルドをこいつで見ていたのと、このレヒレの火力がなさすぎること、型の誤認を引き起こすためにドロポンにしていたが、今期の構築は剣舞ガルドをドランでも見れること、ゴツメや影うちなどのスリップがあること、そして催眠ゲンガーとレヒレの対面を作ったときドロポンを外して身代わりを残されるとゲームエンドなので波乗りに変更した。

 

ランドロス@飛行Z

f:id:kazuo_pkpz:20180904213304p:plain

調整意図:H→ステロ+マンダの特化恩返し確定耐え

         特化テテフのサイキネ確定耐え

     A→特化

     S→余り

 ここまでHDギロチングライオン絡みのサイクルがどうしようもないのと受けサイクルミラー、ランドバシャカグヤ、ビルドランドがだるかったので岩封飛行Zで採用した。正直思ってたよりもだいぶ火力が出てめちゃくちゃびっくりした。ただ攻撃的なZを使うのが昔一発芸をしていた自爆Zカビを除くと初めてだったので正直使うのは下手だった。

 受け構築を崩す場合はまず剣舞を見せ相手の裏から出てくるトレースポリ2を体力維持させる思考にしたりやヤドランをメガさせ、ガルドに引き追い討ちを打ち剣舞Z圏内に入れていた。

 

【選出】

 ・絶対選出がほぼ強制されるポケモン

f:id:kazuo_pkpz:20180904200135g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180314141620g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180946g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165326g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315164921g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315164813g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180220151809g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131929g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165356g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165454g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180319191044g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132535g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192909g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180904222206g:plain(テクスチャー)f:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plain剣舞以外)

f:id:kazuo_pkpz:20180628192713g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plain(舞うやつ)f:id:kazuo_pkpz:20180310180345g:plain剣舞Z)

f:id:kazuo_pkpz:20180226125440g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132842g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132722g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180209p:plainf:id:kazuo_pkpz:20180629002915g:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226125524g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180904223128g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226125654g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192047g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180904223225g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180904223326g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192612g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180629002915g:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180310180946g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180543g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180429g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310175848g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315164853g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310181615g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192252g:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180226131943g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310181055g:plain、受けまわし全般

【きついポケモン

・鋼2枚選出できない構築のテテフ

 鋼3体いるけど誰もD振ってないから実は複数回受けだし効かないのでしんどい。ガルドの追い討ちで後出しできない体力まで削ったり、同居してるコケコをスカーフオバヒで飛ばす前提で鋼3枚選出してたりしてた。あと襷テテフが大体10万を持ってるためガルドカグヤで対面から勝てないため、テテフ―ディンみたいな明らかに襷の構築にはランドで岩封→地震で処理してた。

 

・舞メガバンギ+サンダー

 基本的にバンギの処理ルートがドランで上からラスカ2発、ガルドの聖剣、カグヤのヘビボン、レヒレのリフレクムンフォで対面頑張るなので、これら4匹がサンダーで止まってしまい、またサンダーを止めるバナはバンギの格好の起点なので釣りまくったりバンギにシャドクロ打ったりなど相当シビアな立ち回りを要求された。

 

・ペリラグ

バナレヒレ見たら基本的に出てこないが、バナにギガドレがないことがばれている場合は出され、またバナがB振ってないためラグの地震で押し切られるのでしんどかった。

 

・ゴーリ

ドランガルド両選出を強制されるうえ、s上がったらドランで見れなくなり、ガルドもHP満タンでも3割で負け、大体は同居しているガルーラを相手して削れてるためcが上がるとフリドラで処理されてしまうので下から殴ってる時点でどうしようもないことを分かりつつも台パンしまくってた。

 

【感想】

 今期は序盤にSDで20個ほど構築案を作っては没にしながら、何とかRFB前にこの構築を完成させ、優勝することができたのでこの構築で最後まで挑むことを決めた。

 しかし、レートではメイン、サブ共に中盤に60戦ほどで1900には乗ったものの、そこからメインが大苦戦し、2000チャレと逆1850チャレを往復する毎日だった。原因としては初見殺しポケモンが多い構築なので読まれると弱いこと(グロスが追い討ち読みでガルドにアイへで突っ込んできたりテテフドラン対面リザY後投げされたり)、そもそも僕が再戦に弱いからだとった。

 そこで最終日22時時点でメインロムを捨て、2週間ほど動かしてなかったサブロムを使い、また当たった相手の並びと型、大まかな試合展開とこちらのどの技、道具を見せたかをメモし、毎試合ごとに試合の反省と再戦時どうするかあらかじめ決めてから次の試合に移るようにした。これのおかげか、0時にはすんなり2000に乗り、そこからタイムリミットの9時までほぼ安定して2040~2090の間で戦い続けることができ、また技が4つとも割れてるポケモンの別の技警戒したりなどのプレミも大分減らすことが出来た。ただどうしても一試合当たり時間がかかるため、最後にはそれが裏目に出て4回目の21チャレをすることも許されず最高最終2096で終わってしまった。

 まともなptで戦うより電磁波撒いてオニゴーリで運ゲしてるほうがよっぽど強い、というこのゲームの真理にたどり着いた人が今期余りにも多いので来期はとうせんぼう滅びラプラスで全員分からせに行きます。

 質問等ありましたらkazuo_pkpzまで

f:id:kazuo_pkpz:20180905134934j:image

QR

この構築のQRを作成したのでよければ使用してみてください!

3ds.pokemon-gl.com

 

 

第1回 Generation Cup 要綱

 最近世代が話題になることが多かったので世代別の対抗戦の大会を開催します!以下はその要項となります。

 

【日付】

9/8(土)

点呼→19:00~

予選→19:30~22:00(見込み)

各世代代表、本戦トーナメント発表→22:15

本戦→22:30~

 ※終了時刻が25:30を超えそうな場合、本戦の一部を翌日9/9(日)に回す場合があります。

 

【内容】

予選と本戦の二部構成となっています。

予選

95世代以上

96世代

97世代

98世代

99世代

00世代

01世代

02世代以下

の8つの世代ずつのブロックに分かれる。(予選ブロックの数は各世代の人数によっては増減させる可能性があります。)

(9/8追記:96年と00年の人数が他の世代に比べて少ないため合同チームに変更し、

95世代以上

96+00世代

97世代

98世代

99世代

01世代

02世代以下

の7ブロックで予選を行います

 

それぞれの世代ずつで個人戦のトーナメントを開催、上位5人ずつ9/8追記:3人に変更)を決める。

(各世代5位は順々決勝敗退者(ベスト8)の4人で別のトーナメントを組み、そこの優勝者とする)

 また、申し込みを締め切り次第、世代ごとにDMグループを作成するので点呼と勝敗報告はそちらでお願いします。


本戦

予選で決まった5人3人をその世代の代表としてチーム組んでチーム戦方式のトーナメント。

この際、各世代の一位同士、2位同士、3位同士で対戦する。

 

【参加資格】

Twitterアカウントを所持している方。
ポケットモンスターウルトラサン/ウルトラムーンを所持している方。
・本要項に同意した方(注意事項は必ずお読みください)。
これら3点を満たしている方です。

 

【参加方法】

①以下の参加フォームに必要な情報を入力してください。

⑴ハンドルネーム(13文字以内)

⑵世代

ブロック分けに必要です

⑶TwitterID

各種連絡をするのに必要です

(4)TN@フレコ

トーナメント表にそのまま貼り付けるのでこの形式を崩さないようお願いします

例)カズオ?@4914-8806-2181

また、参加申請の期限は9/8(土)の17:00とします

 

↓参加フォーム↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSd0UuwPKB8yUheEB1k8cOvHxKTFNBROwc0l9-n9DlrnS8ewaA/viewform?usp=sf_link

 

参加者リスト

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1mSeyT47r_PEuHjXL1yqarQhFeHIFLI4RI23Sx40k-OE

 

②本人確認

 書き込み後はtwitterにて本人確認を行います。主催(@kazuo_pkpz)に以下のテンプレに倣ってリプまたはDMを送信して下さい。申請したアカウント以外での本人確認は認めません。運営側の確認済は「いいね」をもって代えさせて頂きます。

参加フォーム書き込み後2週間以内に本人確認がない場合、申請を取り消しとさせていただきます。忘れた方は再度、申請コメントの書き込みを行って下さい。

また、申し込み締め切りから2週間切って申請した方(8/25以降の申請の方)の本人確認の期限は一律9/8(土)17:00とします。


本人確認の例
第1回generation cupに参加申請をしている(申請名)です。

 

※代理申請自体は可能ですが、本人確認は必ず参加者本人が自身のアカウントから行って下さい。

 

【景品】

・優勝世代

1位:お好きな色準伝説の厳選代行(ただしカプ系などストーリー上で色個体が物理的に手に入らないポケモンを除く)

2位、3位:お好きな準伝説の厳選代行

 

・その他各世代の一位

お好きな一般ポケモンの厳選代行

 

注)自爆カビゴンやグロパンガルーラ,静電気サンダーなどなどUSMだけでは作れない個体は遠慮お願いします。

また、準伝やめざパを必要とする個体は王冠を使う場合があるのでご了承ください。

 

【注意事項】

・早生まれは1個上の年の世代に含める(例:98年2月生まれ→97世代)

・シングルレートs11準拠

詳細URL

3ds.pokemon-gl.com

・切断は断固禁止。回線切れの場合は「相手との通信が切断されました」と表示された側の勝利とします。

・使用するPTは大会中、1戦目が始まってからは一切の個体・持ち物・技構成の変更は不可。1戦目を始める前に正しい持ち物を持っているかなどの確認をお願いします。
・シングルレートで使用可能なポケモンのみ使用可能(5世代以前の過去作産や改造、サトシゲッコウガなどは不可)
・意図的な遅延行為やTODは禁止とします。pp勝負になりそうな場合速やかに入ること。

ツイキャスニコニコ生放送などで対戦を放送する場合、相手の許可をとること。

QRレンタルチームでの参加は可能とします。

・同一人物の2ROM以上での参加禁止。

・対戦相手が決まってから15分以上経過しても対戦相手から反応がない場合、運営に連絡をお願いします。運営から対戦相手の方に催促のリプを送ります。

 運営がリプを送ってからさらに5分以上反応がない場合はその対戦相手を不戦敗とします。

 

 

初めての大会運営なので至らない点もあるとは思いますが、是非参加お待ちしております!

【運営】
カズオ? @kazuo_pkpz 

ヤブ        @pokemon_yabu

ゆっち    @yuchi_pokemon  

wave      @wave_448

【S9最高2090,S10最高2095】攻防両立ジャロバンギ【S10最終2060(63位)】

 


 f:id:kazuo_pkpz:20180624175538p:image

【初めに】

 お久しぶりです、カズオ?です。今回はS9終盤からS10にかけて使用していた構築について書いていきたいと思います。

 

 まず、レートの結果ですが、

S9:  最高2090/最終2046

S10:最高2095/最終2060

と2期連続で21まであと一歩のところまで行くことが出来ました。割と変わった感じのバンギ軸の構築になったと思うので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

目次

 

【構築概要】

並びだけ知りたい人用

f:id:kazuo_pkpz:20180624181046p:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180627132331g:plainメタグロス:陽気AS252D4@メガ石

アイへ/アムハン/冷パン/地団太

f:id:kazuo_pkpz:20180627132434g:plainバンギラス:陽気H124A124B4D4S252@メガ石

エッジ/龍舞/冷パン/炎パン

f:id:kazuo_pkpz:20180627132535g:plainジャローダ:臆病H132C116D4S252@ゴツメ

リフスト/光合成/リフレク/光壁

f:id:kazuo_pkpz:20180315171434g:plainカプ・レヒレ:図太いH236B220C44D4S4@氷Z

ドロポン/ムンフォ/リフレク/黒霧

f:id:kazuo_pkpz:20180310180345g:plainランドロス:腕白H252B212D44@バンジの実

地震/撃ち落とす/ビルド/身代わり

f:id:kazuo_pkpz:20180627132722g:plainウルガモス:控えめH4CS252@スカーフ

 オバヒ/さざめき/炎舞/サイキネ

 

 

【構築経緯】

 まず舞メガバンギ+ランドレヒレの並びを使いたいと思い、そこから構築を組み始めた。そこで、バンギランドレヒレの構築記事を構築記事を漁ってみたところ、スカーフまたは混乱実クッション(地震岩封トンボ)ランド+柔らかめの水Zまたは眼鏡レヒレの組み合わせが非常に多かったので、型の誤認を起こさせた場合イージーウィンを量産できるのではと思い、身代わりビルドランド+リフレク氷Zレヒレで採用した。

  ここで、メガバンギと相手の主要メガ枠やレート上位にいるポケモンとの相性を考えると、

有利→f:id:kazuo_pkpz:20180628191740g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132842g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226125654g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165356g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628191851g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165454g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180209p:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165326g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132722g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131322g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310181055g:plain

不利→f:id:kazuo_pkpz:20180627132331g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310175925g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180543g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192047g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192133g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192208g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192232g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192252g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180429g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165038g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130129g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131943g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130816g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180700g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165145g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180704214713g:plain

状況や技構成次第(だいたい不利)f:id:kazuo_pkpz:20180226125524g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192612g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130044g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315171434g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130952g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192713g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131929g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192909g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226125440g:plain


という感じになると思った。

 このうち、f:id:kazuo_pkpz:20180310180543g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192047g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192133g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192208g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192232g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192252g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165038g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180345g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192713g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226125440g:plainはランドレヒレで対応できると思ったので、この三匹で特に重いf:id:kazuo_pkpz:20180627132331g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310175925g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130816g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180704214713g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180946g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131929g:plainとランドレヒレだけでは不安があるf:id:kazuo_pkpz:20180226130129g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192909g:plainにある程度対応でき、胞子と宿り木の一貫を切れるポケモンを探したところ、両壁ゴツメジャロに至ったので採用。最後に、f:id:kazuo_pkpz:20180226130952g:plainがまだやばそうだったのでグロスと、前から使ってみたくて相性保管のよさそうな混乱実ガモスを入れ、S9はこの6匹で挑んだが、混乱実ガモスがあまりにも使いこなせなかったのとf:id:kazuo_pkpz:20180226125524g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180700g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130044g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165145g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192612g:plainがしんどかったので、それらを上から殴れるスカーフガモスにS10では変更した。

 

【個別解説】

バンギラス 

f:id:kazuo_pkpz:20180627130356p:plain

 

(注:ずっと189(108)-202(140)-171(4)-x-141(4)-135(252)で使ってたつもりがまさかの2シーズンを通して努力値振りをミスっていたことに気づきませんでした・。・。

 以下では元の調整の調整意図を書きます)
調整意図:S→最速

     H-B→特化メガマンダの+1地震耐え

       兼グライオン地震やカグヤのヘビボン2耐え

                A→余り

 

 この構築の軸。 後述のジャローダの壁と組み合わせて一致抜群技すら2耐えしながら舞って全抜きしていく様はまさに数値の暴力そのものだった。

 ゲンガーが重く見える構築であるためかHADの舞わないバンギだと誤認されることが多く、上からボルチェンが通るだろうと踏んで甘えたヒトムやサンダーを上からエッジで葬り数々のイージ―ウィンを生み出した。

 技構成についてだが、一致最高火力のエッジと終盤の抜き性能を上げる龍舞はもちろん、ランドに交代読みで打ったりマンダへの命中安定打点としての冷凍パンチと、ナットハッサムカグヤあたりへの命中安定打点としての炎のパンチで確定だと思っている。

 

 

ジャローダ

f:id:kazuo_pkpz:20180627130455p:plain

 

 調整意図:C→ASミミッキュを+2リフストで最低乱数以外1発

      S→最速(ルカリオが少し重いため)

      D→DL対策

      H→余り

 この構築のプチ地雷枠にしてMVP。ゴツメジャロとレヒレを同居させるにあたって、ミストフィールドと蛇睨みのアンチシナジーが気になったため、光の壁を搭載したところ、レボルトやポリ2の電気技読みで後出しした後起点にできたり、霊Zガルドに対面から勝てたりなど恩恵は多かった。レヒレミストフィールドを撒いておけば、状態異常にならず物理特殊共に不一致抜群技程度なら余裕をもって受かり、隙を見せると火力がえげつないことになるという化け物が完成するのだ。

 さらに、ある程度サイクルを回して役割対象を削ったり倒したりした後、壁を張りながら退場することで裏のポケモンの全抜きルートのサポートもできる、と本当にこいつにはお世話になった。

 唯一気になったのはバンギの砂で光合成の回復量が減ってしまうことだが、そこは立ち回りで頑張ってカバーした。自己再生をよこせ

 

火力・耐久の目安▼

与ダメ

リフスト

f:id:kazuo_pkpz:20180226131943g:plain無振りランドに81〜96ダメ(49.3〜58.5%)

f:id:kazuo_pkpz:20180226130816g:plain無振りキノガッサ51〜60ダメ(37.7〜44.4%)

f:id:kazuo_pkpz:20180226130129g:plain無振りミミッキュ66〜78ダメ(50.7〜60.0%)

f:id:kazuo_pkpz:20180319190517g:plain無振りグロス31〜37ダメ(20.0〜23.8%)

f:id:kazuo_pkpz:20180226131929g:plain無振り霊ボルトに40〜48ダメ(25.9〜33.1%)

f:id:kazuo_pkpz:20180310180946g:plain175-150レヒレ108〜128ダメ(61.7〜73.1%)

f:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plain212-110カバに150〜176ダメ(70.7〜83.0%、56.2%で混乱実発動)

f:id:kazuo_pkpz:20180315165454g:plain191-116ポリ2に48〜57ダメ(22.1〜29.8%)

f:id:kazuo_pkpz:20180704214713g:plain254-144カビゴン57〜67ダメ(22.4〜26.3%)

f:id:kazuo_pkpz:20180310175925g:plain207-121メガガルに67〜81ダメ(32.3〜39.1%、最低乱数以外ゴツメ4回+リフストで落とせるのでグロパンから入られても相討ち以上は取れる)

 

被ダメ

f:id:kazuo_pkpz:20180315171434g:plainC161レヒレのムンフォが76〜90ダメ(45.5〜53.8%)

f:id:kazuo_pkpz:20180226130816g:plainA200ガッサのマッパが58〜70ダメ(34.7〜41.9%)

f:id:kazuo_pkpz:20180704214713g:plainA144カビゴンの恩返しが73〜87ダメ(43.7〜52.0%)

(以下壁込み)

f:id:kazuo_pkpz:20180226130129g:plainA156ミミッキュの+2霊Zが107〜126ダメ(64.0〜75.4%)

f:id:kazuo_pkpz:20180319190517g:plainA197グロスの冷凍パンチが63〜75ダメ(37.7〜44.9%)

f:id:kazuo_pkpz:20180310175925g:plainA197メガガルーラの捨て身が71〜85ダメ(42.5〜50.8%)

f:id:kazuo_pkpz:20180310180429g:plainA177ギャラドスの飛行Zが139〜165ダメ(83.2〜98.8%)

f:id:kazuo_pkpz:20180628192909g:plainA114ナットのジャイロが42〜50ダメ(25.1〜29.9%)

f:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plainC222ギルガルドのシャドボが43〜51ダメ(25.7〜30.5%)

f:id:kazuo_pkpz:20180226131929g:plainC197霊ボルトのめざ氷が39〜46ダメ(23.3〜27.5%)

f:id:kazuo_pkpz:20180315165454g:plainC126ポリ2の冷ビが38〜45ダメ(22.7〜26.9%)

 

 

ランドロス

f:id:kazuo_pkpz:20180627125842p:plain

調整意図:H-D→コケコの珠メザ氷確定耐え

        兼無振りカグヤの放射を身代わりが最高乱切り耐え
       B→余り

 

 いわゆる身代わりビルドランド。僕はカグヤ絡みのサイクルを相手にするのに苦手意識があったため、誘い殺し性能の高く、なおかつ馬車ミミッキュなどへの受けも任せられるポケモンを探した結果こいつに至った。

 使用感としては、ジャロほどまではいかなかったもののかなり予想以上の活躍を見せてくれた。後述の耐久の目安のところでも書いたが、カグヤ、カバ、バレル、ムドー、ハッサム、ランドなどあらゆる受けサイクルの駒やバンギの苦手とする相手を起点にでき、ランドバシャカグヤや顎ハッサムバナバンギカグヤなどはこいつ一匹で三タテできることもしばしばだった。

 ただS9でこのランドを使って結果を残した人が複数人いたため、S10では警戒された選出をされることも増え少ししんどかった。

 

身代わりの耐える範囲の目安

特殊:

f:id:kazuo_pkpz:20180220151809g:plain無振りバレルのギガドレ82.25%耐え

物理:威嚇込みまたはビルド1積み

f:id:kazuo_pkpz:20180226130129g:plainミミッキュのじゃれつく

f:id:kazuo_pkpz:20180628192713g:plainカグヤのヘビボン

f:id:kazuo_pkpz:20180628192208g:plainメガハッサムのバレパン
を確定耐え、

f:id:kazuo_pkpz:20180628192909g:plain無振りナットのジャイロ7割くらいで耐え

威嚇+ビルド1積みで

f:id:kazuo_pkpz:20180711001137g:plainガブの逆鱗

f:id:kazuo_pkpz:20180628192232g:plainメガヘラのタネガン五発

f:id:kazuo_pkpz:20180627132331g:plainメガメタグロスの意地アイへ

f:id:kazuo_pkpz:20180310180700g:plainツルギのリフブレ

f:id:kazuo_pkpz:20180711001238g:plainブルルのGFウッドホーン
を確定耐え、

f:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plainカバの氷の牙を最高乱数切り耐え

 

カプ・レヒレ

f:id:kazuo_pkpz:20180627124728p:plain


 

調整意図:H→16n-1

     B→特化メガバシャの+2雷パンチ確定耐え

     C→ムンフォで無振りギャラを98%で3発

     DS→余り

 ここまでめざ氷バシャやギャラ、マリルリなどがゲロ重いため、僕が囲っているapaさんの霧Zレヒレをパクらせてもらった。(参考元記事は削除済み)

 こいつもバンギレヒレのレヒレに柔らかい水Zが多いためか、型の誤認を誘うことができるので、マンムーやカンチバシャ、飛行Zギャラ、激流水Zゲッコなどで役割集中し強引に倒そうとする連中を軒並み返り討ちにしてくれた。またイーブイバトンや分身バトンみたいなギミックパにイージーウィンできる、硬いのを確認した相手が混乱実だと誤認して叩きとか打ってきて一ターン分アドを得ることが出来る、役割を終えた後霧連打することで起点回避できるなど何かと便利だった。

 一回だけ火力が無さすぎてZ消化したあとのラス1ブラッキー対面ムンフォのpp枯らされて負けたが、火力がないことが気になることはそこまで無かった。

 火力の無いタイプなのにドロポンを採用したのは、

・スカーフランドやバシャーモを一撃で落とせる可能性がある

剣舞ガルドなど耐久を削ってるガルドに対しシールドにドロポン+ブレードにドロポンで落とせる

・無振りカミツルギが確2取れる

・ダメ感わかってない相手が水Zの線を切るのを遅らせるためである。

 

ウルガモス

f:id:kazuo_pkpz:20180627125533p:plain

 

 唯一個体変更を行った枠。S9でははHBに厚い混乱実ガモス(1舞で135族抜きのテンプレ炎舞/ギガドレ/メザ氷/蝶舞)で使用していたが、余りにも使いこなせなっかたため(この構築で行なった対戦104戦のうち出してなおかつ勝った試合は4試合だけだった)見せポケ状態だった。しかし、S9と真皇杯の負け試合を振り返っていた時、構築があまりにも小学生ゲンガーとツルギに薄かったことと、スカーフガモスで五億タテできる選出をされることがかなり多かったことに気づき、思い切って個体変更を行ったところめちゃくちゃ刺さった。正直S9のうちにこの変更を思いついていれば21チャレ含むかなりの負け試合を拾えたため、21乗れてただろうと思うとかなり悔しい。

 技構成に関しては、ゲンガーコケコを飛ばせ、一致最高打点であるオバヒと、ゲッコウガを飛ばせ、誘う相手のバンギにも刺さり、身代り持ちやゴーリに展開されてしまった場合に多少のごまかしがきくさざめきまでは確定だと思うが、@2として顎バシャへの打点となるサイキネと、スカーフなら終盤での抜き性能がかなり上がるだろうと思い炎の舞を採用した。実際放射や文字では火力が足りなくて負けであろう試合を50%で拾えたりなど結構恩恵は感じたので技構成はこれでよかったと思う。ただガモスのレベルを100に上げ忘れてツイッターにpt写真上げたためかめざパがないのがばれ、無限にマンダを後出しされたため、ちゃんとスカーフガモスでも100レべに上げるようにしよう。

 

 

メタグロス

f:id:kazuo_pkpz:20180627124825p:plain

 

 対カバマンダ専用兵器。ツルギやボルトを上から殴れて、カバマンダに取り巻き含めそこそこ強く、テテフを受けれる駒を探した結果こいつに至ったが、リザy顎ガモスなどバンギを絶対選出しなければならない相手が多かった上、グロスに信用が無かったせいでよほど刺さっている構築以外には出さなかった。ただ相手に意識させたくて左上に置いてただけあって結構相手の選出誘導には貢献してくれてた。

  技構成だが、メインウェポンのアイへを始め、ツルギや後出しされるゲッコウガへの打点でアムハン、マンダとレボルトに打つ冷パンと、共有パで舞われてないマンダとの対面を作れた際ゲッコツルギガルドにアムハン→地団駄が一貫するのが面白そうだと思い地団駄を採用した。しかし、s9最終日はガルド繰り出し読みアムハンをすると次のターン地団駄警戒されてキンシ打たれて禿げてたので、1サイクル目は交代読みアムハン→裏に素引きで2サイクル目でアムハン→地団駄とやるようにした。(S10では意識されることが減ったと感じ1サイクル目から地団駄打っていた。)

 

 

【選出・立ち回り】

・絶対選出がほぼ強制されるポケモン

f:id:kazuo_pkpz:20180315215332g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132842g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132722g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180209p:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180627132535g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132331g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310175925g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130816g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180704214713g:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180315171434g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180429g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310181521g:plain、分身バトン等ギミックパ

f:id:kazuo_pkpz:20180226131943g:plain→大体の受けサイクル、f:id:kazuo_pkpz:20180628192208g:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180627132722g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131522g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180700g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315165145g:plain

f:id:kazuo_pkpz:20180627132331g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627134701g:plain(アムハンでワンパンすることで展開阻止)、分身バトン等ギミックパ

 

 また、選出率はジャロバンギが同率1位で、グロスが最下位、ランドレヒレガモスがほぼ同率だった。

 

・基本選出①:ジャロ+バンギ+レヒレf:id:kazuo_pkpz:20180627132535g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132434g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180315171434g:plain

 壁を貼って耐久を底上げし序盤は3匹でサイクルを回し、お互いが消耗してきたあたりでジャロで再度壁貼りながら切りバンギで強引に舞って全抜きする、もしくはジャロが不利を取る相手をバンギで削りジャロを通す。龍舞を最後まで見せないことが割と重要だった

 

・基本選出②:ガモス+ジャロ+バンギf:id:kazuo_pkpz:20180627132722g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132535g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132434g:plain

 基本選出①よりも攻撃的な編成。 相手にゲンガーやリザy、ツルギ、ルカリオ、ボルトなどの超火力勢がいて後手に回りながら戦うのがきつい場合この選出をすることが多かった。

 この選出をするときはガモスの炎舞の一貫が作れるように行動することが多かった。

 またこの選出は一部相手に不利対面を作ってしまうと速攻で崩壊してしまうので、割と釣り交換は積極的に行っていた。

 

・基本選出③:ランド+レヒレ+バンギまたはジャロf:id:kazuo_pkpz:20180310180345g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180946g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132434g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132535g:plain

 サイクルを回しているだけで勝てそうな並びやバシャーモミミロップ入り、ランドが通せそうな相手にはこの選出を行うことが多かった。

 

特筆すべきポケモン・並び

・テテフf:id:kazuo_pkpz:20180226130952g:plain

 グロスがいるので、こだわっていないテテフは出てこないと判断し、ガモス対面バンギバック、バンギ対面ガモスバックからの交換読みを積極的に行っていた。実際一回だけ霊Zテテフが出てきたのを除いてこだわっていないテテフが出てきたことは一回もなかったので、この立ち回りは正解だったと思う。

 

キノガッサf:id:kazuo_pkpz:20180226130816g:plain

 基本はジャロバックで対処が効くが、リフレクが貼れてない状態で剣舞をされると3タテされかねないので、剣舞が予想できる場面ではバンギの炎パンやレヒレのムンフォで強気に居座ったりした。

 

ゲッコウガf:id:kazuo_pkpz:20180226130044g:plain

 襷はレヒレ、スカーフならバンギかグロス、それ以外ならガモスで見ていたため、型を見間違うと死につながるポケモン

 型を見分ける基準としては、相手の並びがリザガモスゲッコが重そうならスカーフ、水が重そうなら草Zと判断し、ガッサがいたら襷の線は切っていたという基本的なことしか行っていなかったが、外した場合は素直にあきらめましょう。

 あとどの構築にも言えることだが、こいつとリザとルカリオのいるQRは調べ得なので絶対に調べるようにしましょう。

 

 

ギルガルドf:id:kazuo_pkpz:20180310180835g:plain

 こいつも型によって相手するポケモンが変わってくる。残飯毒守ならジャロのリフストを枯らされてしまうためレヒレ+ランドかガモス、剣舞ならレヒレまたはランド、シャドボZならジャロまたはランド、弱保呑気はジャロで見ることが多かった。

 特に重く見えるシャドボZ型は、バンギ以外後出しが効かないので、グロスのアムハン地団駄、バンギの霊半減、ジャロの光の壁、レヒレは対面リフから入れば霊Z+影確定耐え、ランドは身代わり、ガモスのオバヒとグロス以外対面から、グロスもこっちが先に出ていたら勝てるようにしていた。

 

 

・ゲンガーランドf:id:kazuo_pkpz:20180226131522g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131943g:plain

 この構築に出てくるゲンガーは100%CS気合玉持ちなので一点読みして良い。

 どちらの場合もランドが襷でない場合、初手にゲンガーが100%と言っていいほど来るので、ガモスを初手に出す。

 初手は大体居座って来るかランド引きしてくるかのどっちかであり、前者ならゲンガーが死んで勝ち、後者でランドがスカーフの場合は50%でランドが吹き飛び、飛ばなくても蜻蛉にジャロを合わせればゴツメで死んでいく。後者でランドがHD混乱実だった場合、55〜66%程入るので、高乱数引いた場合はもう一発オバヒで削りを入れて(どうせステロ化蜻蛉しか打たれなかった)からジャロに引いてリフストで処理またはゴツメで炎の舞圏内に入れ、低乱数を引いた場合はゴツメダメ込みで混乱実が発動しないので直接ジャロに引いていた。2サイクル目からは炎の舞で全抜きを狙っていった。

 

・カバマンダf:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plain

 選出は大体グロスヒレガモス(相手にガモスがいない場合)かレヒレバンギガモス(ガモスがいる場合)だった。

 地震を持っていない場合はマンダが来ず、持っている場合はほぼ100%初手マンダから来るので、ガモス入りにはレヒレから、それ以外にはグロスから入る。

  基本的にラス1マンダにグロスに威嚇を入れられ起点にされてもレヒレで切り返しがきくため、いくら削られてもいいから取り巻きをグロスで処理することを意識していた。

 そのため、初手のグロスマンダ対面を作れたらアムハンが安定択となる(ゲコツルギ出てきたら死ぬ、カバはアムハン+レンチ×2でほぼ混乱実発動せずに死ぬ、ガルドは地団太が通る)

 アムハンに後出ししてきたカバはほぼほぼステロを打ってきた(地震は20回に1回くらい)のでレンチで居座った。

 

 

・ゴーリ軸f:id:kazuo_pkpz:20180629002915g:plain

 スカーフさざめきやグロス、バンギもゴーリに弱いわけではないが、確実に勝つつもりならゴーリとの不利対面身代わりを張られただけで一気に向こうの有利になるので、これらを過信することは禁物である。

 そこで、ゴーリ軸の多くはf:id:kazuo_pkpz:20180226131111g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226130044g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180429g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180209p:plain以外に炎技が一貫していることが多いので、基本はこの4匹を削りガモスのスカーフ炎舞を通していくことを意識していく。(特におみくじ相手には尋常でない刺さり方をしているのでゴーリがよほどやばい引きをしない限り安定して勝てる。)

 またジャロゴーリの場合基本初手にはジャロが来るので、初手レヒレ→ガモス即投げでリフスト、睨み、身代わりすべてを考慮することができる。

 

・ムドー、カグヤ、ゴツメカバ,ブルル入り(受け)サイクルやループ、ハッサム

f:id:kazuo_pkpz:20180316190019g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192713g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192350g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192208g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180711001238g:plain
 

  基本的にバンギ(ブルルはレヒレ)でこいつらを誘発してランドの起点にしていく。この際、起点にできた時点でほぼ勝ち確であるが、相手の細い勝ち筋は一匹死ぬターンに身代わりを壊すことなので、身代わりが残るようにに常に意識した。

 

・ランドバシャカグヤf:id:kazuo_pkpz:20180310180345g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180310180543g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628192713g:plain

 こいつもランドの餌。こちらはジャロ+ランド+バンギかランド+バンギ+ガモス(相手の@3次第)

 前者の選出をする場合、相手は起点になることを恐れて2ターン以内に爆発してくるのでリフレク→光の壁(裏の馬車がメザ氷を持っていてもランド出しが安定するように)。その後出てきた馬車にランド後投げ→身代わり→撃ち落とすで勝ち。

 後者の場合、初手ランドでビルド→爆発のターンに身代わり。

 カグヤに上手いことやられて身代わりを貼られてしまった場合、+2撃ち落とすで身代わりが壊せるようになるのでそこまで積めてれば居座り、積めてなかったら裏を捨ててバンギで見る。

 

・分身バトン等ギミックパ

ヒレグロスガモスでイージーウィンが可能。初手の起点作り役にレヒレから入りグロスに即バックし、非メガで殴ることで何もさせずに突破し、分身役が馬車ならレヒレで、ペンドラーならグロスで適当に殴って避けられるまで削り、避けられたらレヒレバックしてバトンのターンに霧を合わせれば能力上昇0のバトン先対無傷のこちら3匹の状況が作れる。

 

 

【キツイポケモン・並び】

・虫Zウルガモス、気合玉リザYf:id:kazuo_pkpz:20180627132722g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180627132842g:plain

 この構築ではバンギに水に打点のある特殊炎の受けを一任しているため、バンギに打点のあるこの2匹は相手するのがかなりキツかった。

 虫zガモスはまだ選出画面からガモスが崩し枠だと判断できるような構築や、再戦などでは霧Zレヒレで対応することができたが、気合玉リザyに関しては交代読み気合玉で即試合が終了するため、ジャロリザ対面居座りで光の壁とかめちゃくちゃなプレイイングをしないと勝てないのは割としんどかった。

 

・ポリ2、ヌオー込みの受けサイクルf:id:kazuo_pkpz:20180315165454g:plain+f:id:kazuo_pkpz:20180629015647g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180220145304g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226125440g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180628191851g:plain

 この構築は受け構築の対処法が

①バンギで舞ってゴリ押す

②ランドで誰かを起点にしてゴリ押す

③ジャロで壁貼りながらゴリ押す

とだいぶ脳筋な勝ち方をしていたため、ランドレヒレが完全に止まるポリ2とバンギを止める枠、ジャロウルガを止める枠みたいな選出(ポリ2+ヌオー+ドラン、バナ+カバ+ポリ2、バナ+ムドー+ドランなど)は相手のプレミを誘発できない限り崩すことができなかった。

 グロスの地団駄を毒にすることも考えたが、そもそもこういうガチガチの受けサイクルが少なかったためカバマンダガルドに比べ重要性が低いと感じ当たったらこうさんと割り切ることにした。

 

・ステロ吠えるドラン+ツルギまたはゲンガーf:id:kazuo_pkpz:20180226125440g:plain+f:id:kazuo_pkpz:20180310180700g:plainf:id:kazuo_pkpz:20180226125524g:plain

ptが全体的に中速な上にゲンガーツルギの技の通りが良いため、もともとその2匹をガモスと対面させて上から焼き殺すことで対処していたが、ガモスがドランで完全に止まってしまい、またステロを撒かれると釣り出しとかで抵抗することも許されないので、ドランを大切に扱ってくる人相手にはどうしようもなかった。

 

【感想】 

  S9では今まで使っていた受けサイクルを捨て全く新しいPTを使おうと思っていたが、以前記事を書いた地雷原対面や受けループ、ガルーラ軸等いろんなPTを使ってみたものの全くレートが伸びず完全に迷走し、このパーティを思いついたのはS9終了1週間前だった。しかしそこから一気にレートを伸ばすことができ、最高レートも大きく更新することができたので大変満足していた。

 S10ではリアルの関係であまり時間が取れそうになく、また21にこの構築で行ける自信があったため、ガモスの型だけ変えて再びこの構築で潜ることにした。最終日前日~最終日に一度スランプに陥って0時ごろ1850まで溶かしてしまい絶望してたが、一度休憩をとって落ち着いてから再び特攻したところ、安定して勝つことのできたカバマンダをめちゃくちゃ引いたおかげもあり、再び21チャレまではいくことができた。21チャレを落とした後も大学の1限が原因で撤退するまで2050~2080あたりをさまよえたため結構構築の完成度としては高かったと思う。

 今後の課題としては、21チャレで苦手な構築(S9ではルカリオ軸、S10ではゲンガーランド)を引いて選出段階で負けを薄々悟ってしまい、弱気なプレイイングを取ってしまったため、苦手な構築相手にどう立ち回るか、そして勝負どこで強気な択を通せるようになりたいと思った。

 S11は試験が終わったらは暇なので今度こそ21に乗れる構築を組んでいきたい。

f:id:kazuo_pkpz:20180711001517j:image

S9最高レート
f:id:kazuo_pkpz:20180711001606j:image

S9最終レート

f:id:kazuo_pkpz:20180711001520j:image

S10最高レート

f:id:kazuo_pkpz:20180711001711j:image

S10最終レート

 

【Special Thanks】

・ランドを貸してくれたふみたんとゆきむらくん

・構築相談に乗ってくれたscarfぽけとサック―

・シーズン中通話してくれた多くの方々、特に最終日朝まで通話してくれたふみたん、ヤブ、かいるさん、ゆうぽけ、はるひら、でっぱ、8210、にこしょさん、mocchanさん、大統領さん、ハオさん、はなぽんさん

ありがとうございました!

 

QR

 この構築のQRコードを作成してみました!ぜひ使用してみていただけると嬉しいです。

 

3ds.pokemon-gl.com

 

 質問等ございましたら@kazuo_pkpzまで

カズオ?? (@kazuo_pkpz) | Twitter

第4回真皇杯オフレポ

 

 お久しぶりです。カズオ?です。

先日僕にとって人生初の対戦オフである真皇杯に行ってきたので、オフレポを書いてみました。

f:id:kazuo_pkpz:20180522092512j:image

 

【朝】

 レート最終日以来ポケモンに触れてないのは流石にまずいと思い、少し早起きして自宅の2段ベッドの上でツイッター見ながら朝レをしていた時、いきなり悲劇は起きた。

 

 ベッドからスマホを落とした時に当たりどころが悪かったらしく、1発で画面が死亡し上1/4しか操作が効かない状況に。

 これにより家を出たらそれ以降誰とも連絡が取れなくなると思って朝から絶望していた。(結局奇跡的にスマホテザリング画面にたどり着けたのでパソコンでツイッターは開けたのだが、通信制限のせいで画像のないツイートすることと通知見ることしかできなかった。)

 とは言ってももう時間がなかったので、とりあえず乗り換え案内と会場の地図、チケットとエントリーシートだけ印刷してパソコンを持って家を出た。

 

【会場着〜予選開始前】

なんとか板橋駅に着き、そこから多少迷ったが会場に着いた。めっちゃ緊張しながら名札を受け付けでもらい、会場入って自分の予選ブロック(ブロック12)の所に座ったのだが、知ってる人が全然いなくてまたしても絶望してた(FFだとリードマンさんとむしゅうさんがいたのだが、どちらもそれまでそれほど絡みがあったわけでもなく、またむしゅうさんは半値変えて参加してたから分からなかった)。

 僕は極度の人見知りなのでなかなか声をかけることができず、かといって普段そういう時に逃げるツイッターもろくに見れないため、会場内にいた数少ない顔知ってた人であるかいるさんをなんとか見つけだし、頼み込んでジーコぽけさんなど何人か共通のFFの人を紹介して貰った。(このお陰でだいぶ緊張もほぐれたのでかいるさん本当にありがとうございます)

 席戻った後隣に座ってた絢瀬かえでさんに 勇気出して声を掛けてみたところめっちゃフレンドリーですぐ打ち解けられた。

 

 

【予選午前の部】

①vs絢瀬かえでさん

あろうことかS2↑メガバンギがs1↑顎を抜いているという初歩的すぎる勘違いをして顎1匹で半壊して裏のミミッキュで負け

 

②vsリードマンさん

 ガモスがフェロのトンボ+ホルード地震くらい耐えると思ってたら耐えなくて全壊

 

③vsむしゅうさん

 バンギグロスいるしラティ出てこんやろ〜みたいな感じでどっちも出さなかったらラティ出てきて詰まされる

 

④vsはくしゅうさん

 初手のレヒレミロ対面波乗りでレヒレがHP半分になるまで突っ張られたのでこっちもムンフォ連打してたところ、突然馬車を後出しされてめっちゃびびった。勿論草Zやカンチを警戒しないわけがないので素直にランド引きしたところ、読まれてミロカロス再度出され、勝気+ビビリ玉発動。レヒレがc+2波乗りを2耐えしないとこまで削られてしまったので止むを得ずランドを捨てる。

 その後黒霧Zでなんとか立て直し、リフレク貼ってバンギでガブ対面舞って倒しなんとか馬車との守る択にまで持ち込んだが、守る読み竜舞を見事に読まれて負け。

 

 

 

 めっちゃ意気込んでいったのにもかかわらず、午前はまさかの0-4とかいう惨状に。しかも最初の3試合は本当に酷い負け方で完全にメンタルやられた。自分が普段どんだけダメ系ツールに頼りすぎてるかを改めて思い知らされた。ただはくしゅうさんにあーカズオさんですか名前知ってますって言われた時は死ぬほど嬉しかった。

 

【昼】

予選終わった後会場外のベンチに向かったら何故か参加してないチハヤ、ふみたん、でっぱが来ていてめっちゃびびった。そこにスズ、バファリンさん、reboさん、リードマンさんも合流し、そこら辺にあった中華料理屋で飯を食べにいった。pcで写真撮るのもアレだったので撮らなかったがかなり美味しかった。スズが餃子に酢+こしょう浸けて食べ出した時は最初みんな???ってなってたけど実際試してみるとめちゃくちゃ美味くてビビった。

 終わった後チハヤでっぱふみたんが午後予選終わるまで3人で水族館行くべ!みたいな感じになってたのは本当に笑った。(結局行かなかったらしいけど絶対行った方がファボ稼ぎになって美味しかっただろ…w)

 

 【午後予選】

①vsポケットさん

ジャロの体力ミスってガッサに倒されてしまうものの壁貼ってバンギの種族値の暴力で3タテ 

 

②vsキラメルさん

最初の方交代読みアムハン読まれてはたき打たれるなど相手のアロベトンにいいように荒らされてしまったが頑張って釣り交換2回決めて無理やりグロスの一貫を作って勝ち

 

③vsたみさん

その日の試合でいちばんひどかった。選出間に合わなくて誰もガモスに勝てない選出して3ターンで試合終了

 

④vsマミーパペットさん

相手の選出一点読みしてレヒレ削られたらまずいと思い、レヒレヒレ対面バンギ後投げしたり、最後乱数の所急所引いたりなど割と怪しいプレイイングしたがなんとか勝ち。

 

 

 

 

午後はなんとか午前のスランプから復帰して3-1で勝ち越せた。

 予選を消化し終えた後はSRさんややまひろさんなど何人かFFの人を見つけ出し話しながら時間を潰してた。pcでツイッターを開こうともしたが、スマホテザリングが切れて再度つけれない状態になってたのでそれ以外ツイッターには浮上できなくなってしまった。そのせいでDMに何件か今どこにいますか?みたいなのが来てたのにもかかわらず無視したみたいになってて帰宅した後マジで申し訳なくなってた

 

f:id:kazuo_pkpz:20180522190120j:image

本当にごめん…!

 

【決勝トーナメント】

 決勝トーナメントではスズ、リードマンさん、reboさんの試合を交互に後ろから見てた。他人の試合を生で見るのは初めてだったのでなかなか新鮮だった。

 準々決勝でスズ対大統領さんを見れると楽しみにしてたが、なんか10分くらい試合行われないと思ったらまさかの性格記入ミスで大統領さんとreboさんが失格に。2人のこの世の終わりみたいな顔は今でも忘れられない。

 ちなみにreboさんはその直後でっぱとのフレ戦で初手ゴーリに、アロハスリスさんにも初手ジャロに馬車ルカを殺されて負けてて本当についてないなこの人ってなった。

 

 

 工程が全部終了した後、スズ、かいるさん、リードマンさん、バファリンさん、らりるさん、Naoさんと合流し焼肉兼飲み会に。僕は酒ゲロ弱いので、一杯しか飲んでないのに会話半分くらいしか覚えてないけど()純粋にポケモンの環境や気になった構築の考察からリアルのことまで話題が途切れることなくずっと盛り上がれて優勝の一言に尽きた。

 

【後がたり】

 てな訳でだいぶ今更感ありますが真皇杯関東予選お疲れ様でした!初めてのオフだったのでめちゃくちゃ緊張したが本当に楽しかったです。

 また参加出来そうなオフがあったら極力参加するつもりでいるので会えたらよろしくお願いします!

 最後に運営の皆様とあってくれた方々、そしてこんな駄文読んでくださった皆様ありがとうございました!